いまさら聞けない?司法権について

ê6qh0E››RB0‹0irTL0¿ŠŒTW0_0P'`¢nŒ0‹0¬0ü0Ç0ó0¤0á0ü0¸0h00Ý0Ã0È0„0¸0ç0¦0í0n0W¸‚irj0i00¬0ü0Ç0Ë0ó0°0n0™Qw’0ÎS2“0

中学で習ったはずの「三権分立」という言葉を覚えているでしょうか?国の持つ大きな権力を国会と内閣と裁判所が3つに分けて持ち、お互いに相手を抑制し合い均衡を保つことにより、権力が一点に集中して行き過ぎてしまうことを防ぐ仕組みです。国会が持つのは法律を作る権限である「立法権」であり、内閣が持つのは法律に基づいて政治を行う権限である「行政権」です。最後の裁判所が持つのが法律に基づいて裁判を行う権限であり、これが「司法権」です。
「司法権」の概要は「具体的な個々の紛争に対し、法を使って解決することを目的とする国の権利」と言うことができます。現在の日本では、民事裁判や刑事裁判はもちろん行政裁判も「司法権」の対象に含まれます。戦前の大日本帝国憲法の下においては、裁判所に与えられていたのは司法権の中でも民事裁判と刑事裁判を取り扱う権利だけであり、内閣の行う行政を裁く権利がなかったために「三権分立」が成立していませんでした。戦後に制定された現行憲法である日本国憲法の下では、民事裁判と刑事裁判はもちろん行政裁判も含めたすべての司法権が最高裁判所と法律の定めによって設置された下級裁判所に属することとされており、「三権分立」が成立しています。

コメント

コメントを受け付けておりません。